明日の神話

先日、ビジネススクール時代の友人と待ち合わせた渋谷マークシティの3Fから見えた岡本太郎の作品「明日の神話」。

アートは、何かをクローズアップし、示唆を与えるもの。だとすれば、この作品はやっぱりここにあるべきだと思いました。

経済を動かす一人ひとりの人。
その先にあるのは、この絵のようなことでいいのか?

目的と手段はどうなのか?

芸術品は、MUSEUMの中にあればいいのではなく、日常に示唆を与える、こういった出し方もあるのですね。

wpmaster