AI時代の仕事力・発想力 -マツコさんと白金で遭遇-

AI時代は、これまでのテクノロジーではできなかったことが、局所的に深く踏み込んでできるようになる時代です。AIは、狙いとそのあとの実現性を仕組むことができれば、絶大な威力を発揮します。

基本的にはこれまでより便利になるだけですが、その一方で、日本人の価値観が明治維新以後、便利になり、AIにまでつながる現在まで、どのように変わってきたのかを冷静に考えることは未来にビジョンを描く上でとても大切です。

特に、TVをはじめとするメディアの一方的な情報発信の時代から、すべての人が情報発信できるようになったいまの時代の価値観の変化は冷静に見ておく必要があるでしょう。

私は、AI時代だからこそ、そもそもの基本である「脳科学の知見」を学び、世界観を広げる眼を持つべきだと考え、超リベラルアーツなプログラムを展開しています。

AIを知るためにも、AIより人が強いことを知るためにも、脳を知ることは大切です。

 

ところで、2018.5.31マツコ・デラックス出演・テレビ朝日「夜の巷を徘徊する」にAIセミナー講師として紹介されました。

場所は、東京都港区白金台のテンダーハウス。
ブライダルでよく使われるところですが、今回はセミナーで。
さすが、おしゃれな会場でした。

AIセミナーを行い、懇親会を終えたあと、なんと出口でマツコさんに遭遇。

ここで握手することになるとは思いませんでした。まさか、そこでセンセー、センセーと呼ばれるとは!

それにしても大きかったですね。

この放送では、マツコさんがつけている香水の話が出てくるのですが、私にどんな匂いでしたか?という質問がたくさんきました。

マツコさんと握手したときですが、なんとも表現しにくい、いい匂いがしました。セルジュルタンスのようですね。

wpmaster